九州大学共創学部

教授 稲葉 美由紀

INABA Miyuki

国際福祉、現代社会の貧困問題と社会的包摂

研究者情報

高校生へ一言

貧困格差の悪循環を止めること、地球規模の重要な課題です。私は国連で開発途上国の貧困削減と人材育成、その後日米の貧困、高齢化、エンパワーメント等に関する実践研究を通して、様々な問題は非常に複雑に絡み合っており、解決するためにはクリエイティブな発想が重要になっていると感じています。幅広い知識を身につけ、身近な課題に気づき、物事の様々な関係性を見抜き・つなぎ、新しいもの・行動・価値観を生み出す力が大切です。国連SDGsの基本理念「誰も置き去りにしない」世界に向けて、いま必要とされるローカルとグローバルな視点の両方を持ったリーダー・変革者になって欲しいと思います。共創学部で一緒にチャレンジしていきましょう。

担当科目

  • 社会共生論(構想科目/人と社会エリア)
  • 国際福祉論(共創科目/人と社会エリア)
  • レクチャーシリーズ(構想科目)
  • 共創基礎プロジェクト、共創プロジェクト(協働科目)
  • 異文化対応2、海外活動A・B(経験科目)
  • ディグリープロジェクト(共創科目)