九州大学

共創学部の教育(EDUCATION)

教員紹介FACULTY

教授/Prof.井上 奈良彦Inoue Narahiko

専門分野:議論学とディベート/Argumentation & Debate

担当科目:
○言語コミュニケーション論
(構想科目/人と社会エリア)
○議論と創造のコミュニケーションA
(共創科目/人と社会エリア)
○議論と創造のコミュニケーションB
(共創科目/人と社会エリア)
○レクチャーシリーズ(構想科目)
○共創基礎プロジェクト、共創プロジェクト(協働科目)
○異文化対応2、海外活動A・B
(経験科目)
○ディグリープロジェクト(共創科目)

世界で議論できる人材を育てたい。ディベートは相手を言い負かす術ではありません。意見が対立する問題について、答えを探し、伝えていく方法です。また、議論を比較し、根拠に基づいた合理的な意思決定を行う方法です。共創学部では学生と共に、「議論」能力を養成する競技ディベートを中心に多様な議論活動を実践し、より良い議論教育の方法を創って行きたい。ディベート大会で活躍した人は、経験を生かし活動を続け、研究してほしい。経験のない人は、ぜひ、この素晴らしい活動に参加し、ディベートや議論教育に取り組む仲間に加わってほしい。

My dream in this new school is to help students to develop their argumentation and debate skills so that they can cope with a variety of critical communication situations in Japan and in the world. Debate is not a verbal fight but a process of finding an answer to a question and communicating it. It is also a method of reasoned decision-making by comparing arguments for and against a controversy. Competitive debating is one of the best methods of developing argumentation skills. I would like to welcome both experienced debaters and the uninitiated to work together to find a better way of argumentation education.

ページトップへ