九州大学

共創学部の教育(EDUCATION)

教員紹介FACULTY

准教授/Assoc.Prof.仙田 量子Senda Ryoko

専門分野:地球化学/Geochemistry, Archaeology Science

担当科目:
○地球の理解
(構想科目/地球・環境エリア)
○地球環境実習
(構想科目/地球・環境エリア)
○社会の中の地球科学
(共創科目/地球・環境エリア)
○共創基礎プロジェクト、共創プロジェクト(協働科目)
○ディグリープロジェクト(共創科目)

私は、地球化学というツールを用い、地球の内部構造やその化学組成と進化について調べています。また、同じツールを用いて、考古学の研究者と連携して考古学資料の分析を行い、人類史に関する研究も始めています。もともとは理系の「地球科学」の考え方しか知りませんでしたが、考古学の先生方と共同研究を行うことで人文社会分野に進出することになり、これまでとは異なったモノの見方が必要となりました。自分でも視野が広がりつつあるのを感じています。
共創学部では、様々な分野の専門家が、それぞれの分野からのモノの見方を教授する予定です。一つの視点にかたまらず、広い視野から物事を眺める事、そしてそれらを活かしての様々な問題解決に挑戦してみませんか?

In our faculty, professors from various fields show you how to see the world from each field. Learning various points of view is very important for understanding the world. For example, I am a geochemist working to understand the internal structure and evolution of the earth using elemental abundances and isotopes as a tool. Using the same tool, I have started to research about human history with archaeologists in our faculty. Geochemistry is a field of science but archaeology is in the humanities. I am learning a lot of things from collaborative work with people from various fields. This expands my own perspective. It is very challenging and also interesting for me. Let's learn with us and see the world from a broader perspective to make a better future!

ページトップへ