九州大学共創学部

CONCEPT コンセプト

九州大学が全ての学生に求める「能動的学習能力」を礎にして、「共創」のために必要な態度・能力となる「課題構想力」、「協働実践力」、「国際コミュニケーション力」を養成します。これらの態度・能力の修得を通して「共創的課題解決力」の獲得を目指します。

常に課題を意識しながら能動的に学ぶことで、これからの社会で活躍するために必要な態度・指向性・知識・技能をもつ人間へと成長していくことができます。

課題構想力

現実の問題に対応するため適切に課題を設定し、既存の学知を組み合わせて解決方策を模索する力。

協働実践力

構想した課題解決方策について他者と議論し、他者の知見や能力をも組み合わせる形で協働し、実現可能な解決方策を創造する力。

国際コミュニケーション力

課題が生じている現場で、解決策の実行のために多くの人にその内容を説明し、理解と協力を得る力。

共創的課題解決力

「共創」の理念を実現するために必要な、「能動的学習能力」、「課題構想力」、「協働実践力」、「国際コミュニケーション力」の4つの力を総合して実際の課題解決に取り組む力。

育成する人材像

  • 国際的・地球的課題に対する解決策をコーディネートして、世界に効果的に情報発信できる実務家
  • 国際社会の課題を解決するために、新しい社会の仕組みや価値の創出をデザインする専門家
  • 文理を超えた学際的知見を修得し、国内外大学院に進学する、諸科学の境界・学際的領域の研究者